2012年6月27日

☆お知らせ☆

奈良県学童保育支援センターの事業は、平成24年3月31日をもって、終了いたしました。なお、放課後児童指導員認定講習会につきましては、奈良県学童保育連絡協議会が委託先となり、実施致しております。

コメント:1,415件

2012年3月30日

河合町スポーツ鬼ごっこ

本日は、河合町内にある3つの学童保育所合同でスポーツ鬼ごっこを行いました。

最初はルールに戸惑って上手く動けないこどももいましたが、回を重ねるごとに上手になっていきました。

各チームに指導員の先生が監督としてついていただきました。子どもたちの自主性を尊重しながら、アドバイスを行っていて、こども達ものびのびと動けていたように感じました。

決勝で負けて悔し涙をながしている子どもが多くいました。先生が泣いている子に「これでまた成長できたね。」と声をかけていました。勝負には勝ち負けがありますが、負けた時の方が学べることも多いのかもしれませんよね。

スポーツ鬼ごっこが終わったら中庭で子ども達とお昼をご一緒させていただきました。天気もよく気持ち良かったです。こども達と他愛のない話をしながらまったりと過ごさせて頂きました。

こども達や先生方から「楽しかった。」といっていただけました。私達もとっても楽しかったです。ありがとうございました。

コメント:1,963件

2012年3月12日

☆放課後児童指導員☆H24,3,11☆

昨日、岡山市オルガビルにて「2011年度 放課後児童指導員資格 学童保育実地研究公開発表会」「第2回 フォローアップ研修会」「資格授与式」が行われました。

山本は、奈良地区の担当者として呼んでいただき、参加して来ました。

奈良会場からは、大和郡山市の指導員さん、滋賀県の指導員さんと年度途中から奈良会場で受講された学生さんが参加されていました。

最初に上級を資格取得された福岡県の指導員より研究発表があり、続いて2009年2010年それぞれの上級資格取得者が今年度の研究発表をされました。今年度の、上級資格取得者はお一人だったそうです。

来年度は、奈良の指導員さんからも上級資格者が生まれてほしいです。

休憩をはさんで、今度は「資格」をどう考えるのかという堤起が2名の指導員(資格取得者)からされました。

一人目は、倉敷市の指導員より、

資格を何も持たない中で、指導員という職業に就き、悩みながらも自分自身にできない理由を言い訳していたこと。しかし、認定講習会を受けて資格を取り、自信と責任を持って仕事ができるようになってきたこと。なんの資格もなく指導員をしていた自分が、資格を持ったことによってどう変わったか。資格を持たない指導員にとって、学んだ知識が自信や責任を持つと言うことに繋がる。というおはなしでした。

二人目は滋賀県の指導員より、

指導員資格認定講習会を受講したことにより、自分の保育を説明・分析出来ようになり、それによって、「どこで学ばれたのですか」と地域の指導員が、資格に興味をもたれるようになったこと。そして、資格を取った者として、この資格を価値あるものにして行くともおっしゃいました。

そして、最後に副理事長の中山先生か、指導員資格の固有性や今後の子育て新システムに向けた協会としての考え方を聞かせていただきました。

放課後児童指導員資格取得者は「自信」「誇り」「使命感」を持って、仕事に取り組んで行きましょうと締めくくられました。

資格取得者の一人として、今後の自分の果たすべき役割を考えた1日でした。

最後に資格授与式が行われ、奈良会場の3名の先生方も、認定証を住野理事長から授与されました。

資格取得者の皆さんのお顔を拝見し、スピーチを聞いたり、上級者の研究発表を聞かせていただくと、あらためて学ぶことの大切さを感じました。

山本自信も資格取得者の一人として、今後の自分の果たすべき役割を考えた1日でした。

奈良県学童保育支援センターでは、24年度の資格認定講習会の受講者を募集しています。
たくさんの方のお申し込みをお待ちしています。

お問い合わせは、奈良県学童保育支援センターまでどうぞ!!!

~マリコ~

コメント:1,786件

2012年3月12日

☆お知らせ☆H,24,3,12

支援センターが放課後児童指導員認定講習会の会場スクールサポーター講座を支援員が受講するなど、いつもお世話になっている奈良教育大学より、下記の案内がありました。支援員もお世話になったスクールサポート認証制度の報告会奈良市立東市小学校の放課後子ども教室でのプロジェクトの報告会を開催されます。

地域との連携の方法など、放課後児童クラブの運営にも参考になるところは、多々あると思われますので、皆様にもご案内させていただきます。

~奈良教育大学における「教育支援人材」育成事業の取り組み・報告会~

日時:2012年3月26日(月)13:00~17:00会場12:30

場所:奈良教育大学 教育実践開発研究センター多目的ホール

内容:教職を目指す本学学生による地域貢献を通じた学びについて、学生自身が報告を行います。

第1部 スクールサポート研修・認証制度報告会

第2部 日本教育大学協会研究助成報告会(TNP 東市日本一プロジェクト:異世代連携型の教育支援による放課後子ども教室への学生の参画)

対象:教育支援に興味のある方はどなたでもご参加ください。(ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。)

問合せ先:奈良教育大学教育実践開発研究センター地域教育支援開発部門

℡0742‐27‐9350 e-mail kyoikushien@nara-edu.ac.jp

チラシ他案内は

http://www.nara-edu.ac.jp/OCPESS/

にあります。

コメント:1,696件

2012年3月5日

奈良県の学童保育をひたすら前向きに考える集い2012

昨日、奈良県学童保育連絡協議会と合同で「奈良県の学童保育をひたすら前向きに考える集い2012」を開催いたしました。

支援センターの2年間の活動報告と、支援センターから見た放課後児童クラブの今後の課題、そして皆さまにご協力いただいたアンケートをもとに、この数年間に良くなった点と今後の改善点をまとめ、ご報告させて頂きました。アンケート結果につきましては、放課後児童クラブにある問題が、大小を問わず改善されて行っていることがわかりました。また、今後の改善点につきましても、様々なご意見をいただきましたので、それぞれの市町村において参考にしていただけたら幸いです。

また、支援センターからの報告だけではなく、参加していただいた指導員の先生方、保護者の方からも、ご意見質問などをいただくことができました。

奈良県健康福祉部こども・女性局の方々にもお越しいただき、参加者からの質問などにもお答えいただきました。ありがとうございました。

また今回は、奈良県学童保育連絡協議会に属していない地域の先生、保護者さんにも多数ご参加いただきました。今後も、様々な形で交流の機会を設けて行きたいと思います。

そして、この度は、遠く離れていても私たちの仲間である佐賀県学童保育支援センターの支援員のお二人にもお越しいただきました。佐賀県学童保育支援センターの方が奈良に来て下さったのは初めてだったのです。朝早く出てきて下さったようで、本当にありがとうございました!!この集いから、何かをえていただく事はできたでしょうか?

今回のアンケートの結果にもありますように、放課後児童クラブを取り巻く問題には、これからも取り組んでいかなければならないと思います。一歩づつ、放課後児童クラブという子ども達がすごす環境が良くなっていくことを願います。

コメント:910件